幼児教育ドットコム HOME

幼児教育ドットコム
幼児教育ドットコム
英才教育は乳幼児から始めましょう
お子様の英才教育は、出来る限り早くから始めた方がよいと言われています。当塾では●●大学の×××子教授のご指導のもと、独自に開発した様々な幼児英才教育プログラムによって、お子様の知能成長を著しく促進させることを目的としております。その結果、難関と言われている有名私立幼稚園への合格実績は12年連続国内No.1を誇ります。
幼児教育ドットコムストアはこちらから

新着情報

新着 PICK UP

サイトマップ │2007年11月22日

幼児教育ドットコムについて
幼児教育ドットコムサービス一覧
Q&A/お客様の声
会社概要
幼児教育ドットコムトピックス
アクセスマップ
サイトマップ

アクセスマップ

京都市西京区川島有栖川町50-1 桂西口駅前ビル3F
グッドエイチピードットコム株式会社

阪急京都線 桂駅下車、西口から徒歩2分。
歩道橋を左に降りて1階が花屋さんのビルです。

トピック(blog)

ただいま準備中です。

会社概要

* 【会社名】GoodHP.com株式会社
* 【代表取締役】本井 啓一
* 【設立】2000年12月
* 【資本金】3000万
* 【所在地】 〒610-1102京都市西京区御陵大枝山町5-22-13
* 【tel】075-335-5553 
* 【fax】075-335-5550

Q&A/お客様の声

Q1 乳幼児の保育施設はありますか?
A.当塾はあくまでも、乳幼児専門の英才教育塾として運営されておりますので、保育施設はございます。予めご了承下さい。

幼児教育ドットコムサービス一覧

幼児教育ドットコムストアはこちらから

幼児教育ドットコムストアについて │2007年10月31日

英才教育は乳幼児からしなければなりません
子供の知能発達プロセスは、およそ3才で決まると言われています。当塾ではその年齢に達する前に、独自方針のカリキュラムによって様々な英才教育プログラムを実践します。

幼稚園進学のためのコースもございます
難関と言われる有名私立幼稚園への入園に向けた受験コースもございます。各幼稚園に合わせたカリキュラムによって、様々な指導方法をご用意しておりますので、安心してお子様をお預け下さい。


胎教 │2006年08月28日

胎教

胎教とは、胎児にたいする教育であるが、これがなんとおろそかにされていてなんと重要な時期かを人類はもっと知るべきだろう。特に日本。

一日に脳細胞がどれだけ分裂しているかを少しインターネット検索して調べてみてほしい。
驚く。

その祭に、安定した母親のお腹の中で適度の刺激を受けて愛情たっぷりに育つこと荘でない子は恐ろしい差がでる。

胎児はなにもわからないと思いがちだが大きな間違いである。
たまに、自分が生まれた瞬間を記憶している人がいる。これは、事実で霊的なものではない。

モーツアルトやビートルズが、胎児の状態でつまり母親が音楽をリラックスして聴いていたということを
聞いたことがある。

音、振動、語りかけること。これだけでも子供の将来に大きな差を与える。

核家族で不自由で援助が少ないとそれどころではなくなるようだが、ここに対策をしないと、
精神不安定で、凶器のような子供はどんどん増えるだろう。

胎児教育はばかにしてはいけない。首を絞めている今の教育環境を見ると自明である。

幼児教育 │2006年08月19日

幼児教育

幼児教育に興味を持つのはやはり、最初の子供が生まれたときだろうか?
本屋さんやインターネットでいろんな情報を集める。

そうすると少し驚くことが情報として入ってくる。
なんと、0歳以下つまり胎児から小学校にはいるまでの5,6歳までの
胎児、乳児、幼児には恐ろしい能力があるということが最近わかってきたということだ。

脳細胞やシナプスが刺激の仕方で恐ろしい勢いで増殖していくこと。
しかも、一般の大人が考える常識をかなり超越していて理解ができないほどだ。

右脳の発達の仕方もその一部。音に対する反応も同様。母親との関係でIQや
EQに大きく影響を受けること。

いわゆる天才といわれている人々は、この胎児教育、乳児教育、幼児教育を
自然とされていたという場合が多い。

幼少時期の教育でその子の幸せが左右されるといってもおかしくない。
もっというと、人生でもっとも教育に時間とお金をかけるべきなのはこの時期だろう。

「三つ子の魂」が形成されるまでがその子のもっともキャパを広でるための効率の良い
時期なのだ。

画像のフラッシュ、絵本の読み聞かせ、多言語のヒアリング、クラッシック音楽を聞かせること。
家庭教育の重要性はあまりにもいい加減で遅れている。

少しずつこのあたりの情報を集めて幼児教育の重要性を認識してもらう人を増やす活動をしたい。


過去ログはこちら │2006年08月08日

過去ログはこちら

中古車査定・車買取り・概算車査定額比較ランキングの中古車ドットコム
中古車査定・車買取り・概算車査定額比較ランキングの中古車ドットコム

ショップ

携帯からアクセス